株式会社理想経営
企業研修の「りそう」へ。You are the CEO of your life. 

「りそう」のキャリアデザイン研修

「りそう」のキャリアデザイン研修は受講者のキャリアビジョンとプランを策定することをゴールに運営されます。このプログラムは個人の内面を考察しながら進める内容に特長があり、より深い気づきを得ていただく工夫が組み込まれています。一人ひとりにとって真に望ましいキャリア形成を支援する弊社オリジナルのプログラムです。



■キャリアデザイン研修の重要度

「りそう」ではキャリアデザイン研修をメインコンテンツの一つと捉えています。私たちは、変化する環境の中でより幸せなキャリアライフを過ごすために、自ら考え行動しています。言い換えると「自らのキャリアの経営」をしているということでもあります。ともすれば他人にコントロールされているように思いがちなキャリアを自律的なスタンスで考えることを、この研修では求めます。プログラムを経験するプロセスで、受講者は「自己肯定感」を高め、「成長意欲」を高めます。自ら成長する意欲をもった人たちが集う組織は、障害に強い活気のある風土になります。これは働く人や組織にとって重要なテーマです。

■キャリアデザイン研修が求められる時代の背景

jidai3-300x90.png

現代は「自律的キャリア形成」が求められている時代と言われています。
経済の低成長化により、価値観が多様化し事業環境の変化が激しくなりました。雇用面では年功制が見直され多くの採用形態が登場しました。少子高齢化により定年延長が実施されたり、セカンドキャリアを求める人が増えたりしました。働く女性の増加によりライフワークバランスが課題に挙がるようになりました。キャリアは流動化し多様化し長期化している状況下にあります。
そのような中、組織と個人の関係は主従ではなく、双方にとっての成長・発展のために、それぞれの役割を果たすパートナー関係が求められるようになりました。組織には個人の遣り甲斐を感じられる魅力が求められ、個人にはキャリア自律の意識と、主体的な能力開発が求められているのです。

■キャリアデザイン研修のコンテンツ

「一人ひとりが自分にとって真に望ましいキャリアを実現すること」を目的にキャリアデザインをする研修内容です。

willmustcatplan1-300x132.png

キャリアデザイン研修で用いられる主なコンテンツ
実際のキャリアデザイン研修は、自分自身の行動特性から強みや弱みを見つめながら、「やりたいこと(求めること)・・」「できること(できないこと)・・」「すべきこと・・」の過去・現在・未来を考察するプロセスを1日から4日程度の日程で実施されます。カリキュラムのデザインや詳細は、研修の目的や受講者に合わせてカスタマイズされますが、受講者にとって必要と考えられるテーマが偏りなく実施されるよう工夫されています。

■キャリアデザイン研修のカスタマイズ

  • キャリアデザイン研修は業種職種によってカスタマイズできます。
  • キャリアデザイン研修は組織の制度によってカスタマイズできます。
  • キャリアデザイン研修は受講者の年齢や性別、階層によってカスタマイズできます。

■キャリアデザイン研修の特色

これらの目的に合わせ、最大限に研修効果を発揮するため、研修実施のスタイルにも配慮がなされています。
自主的・自律的な研修スタイル
自主的な取組みを促すため、研修はワーク中心に進められています。
そして、PDCAサイクルを意識しながら、自分のキャリアに対して自律的に関わるプログラム内容です。
個人の内面に重点を置いた自己分析
日頃、私たちは組織・仕事・家族・成果といった自分の周囲に意識を向けていることが多いものです。
仕事をする動機も自分の周囲の影響を受けがちです。この研修では個人の内面の分析に多く時間を割くことで、
内面と周囲に対する関わりの両方に対してバランスが取れた自己認識を形成します。
組織と個人がWinWinのキャリアプラン
自己分析の結果を十分に活かしながらも、独りよがりにならないため、環境分析や役割分析を行います。
キャリアプランでは組織と個人にとって互いに価値のある計画を立案していきます。

■キャリアデザイン研修のまとめ

このように、キャリアデザイン研修は、個人が成熟するための研修であり、激動する環境の中で会社が成長する力を得るための研修でもあるのです。ご興味をお持ちになった方は、下記リンクよりお問い合わせください。


お問い合わせ

HOME > コンテンツ > キャリアデザイン研修